【特選】富士見堂の恋華




特別契約栽培のご飯としても食べられるお米を、玄米から自社精米している富士見堂。無添加をこころがけ、厳選した国産素材から生み出だすお煎餅やあられの数々は東京みやげにも最適。

先代の頑固なものづくりを引き継ぎながらも、若い二代目夫婦がその抜群のセンスと感性を生かし、唯一無二の商品を続々と誕生させている。
恋華は、バレンタイン時期だけに発売される限定品。こんな美味しさがあるんだと、衝撃をうけた一品。とにかく、だまされたと思って食べてみてほしい。

お米の味がする本物のお煎餅を、香り高い上質なチョコレートがしっかりと包む。乳化剤を使わないからか、最高級のスイス製ビターチョコのおかげか、せんべい自体の旨さか。きっとそのすべてに、職人の思いが融合して生まれた味。噛む快感、ほおばる口福。日本一の煎餅屋発のチョコ煎餅に、もう首ったけ。
 
富士見堂「恋華(れんか/税込1260円、バラ2枚入りもあり/バレンタイン当日までの限定品)」
住所:東京都葛飾区青戸3-25-7/東京駅地下グランスタ店あり
電話/FAX:03(3604)5648/03(3604)7425

 業界一厳しい基準を持つと言われる「大地を守る会」で知り、それ以来のおつきあい。工場見学にも伺い、ほぼ全商品を味わっている。どれも美味だけれど、代表的な商品は「胡麻沢山」。えごまも最近人気の一品。
でも出色はなんといってもこの恋華を含めた、スイーツラインナップ。キャラメルやアールグレイなどの上品な甘さといったら、もう絶対他に敵なし。素材自体にしっかりとおコメの美味しさが味わえるため、他に類をみない「シンプル」という味付けなしのお煎餅もある。調味料でごまかさない、こういう本物を子供たちには食べさせたい。

最新記事はhttp://bishokudou.bishokudou.com/