【特選】市場屋の晒しよし飴


粉雪のようならくがん粉に埋まった、パールホワイトの輝き。指先でつまむと厚みがあるのに、少し力を入れればたちまち、パリンと壊れてしまいそうで不安になる。この世で最も薄く繊細なガラスのように、はかなげだ。

おそるおそる割ってみれば、それはまるで霜柱。味わいは、懐かしいあの、綿あめ。上品な甘さ、シャクッと軽い食感を噛んで楽しむ。砂糖と水あめのみで、なぜこのような、世にも不思議な飴が作れるのか。

秋風が吹くころ、逢いたくてたまらなくなる恋しい飴。一子相伝の技を受け継ぎながら、300年以上も作り続けられてきたという。飴なんてしょせんコドモのおやつ・・・そんな考えはこの奇跡に出会えばふっとんでしまうはず。

市場家「晒よし飴(税込1365円〜)」
住所:〒989−1241宮城県柴田郡大河原町字町251
電話:0224(52)1258

毎年6月20日から入梅までの限定販売。湿気や高温を嫌う、繊細な飴を守るらくがん粉は、煎って甘く味付けたり、揚げ物の衣にしたりと工夫していただくことができる。晒しよし飴は、九重本舗玉澤からも販売されている。そちらはデパートなどでも買えるので便利だが、味わいは断然、これのみを作り続ける市場家が美味。


最新記事はhttp://bishokudou.bishokudou.com/