玉井屋本舗の「やき鮎」


鵜飼で有名な長良川畔に店を構える玉井屋本舗。眼前の清流に泳ぐ鮎を模した「やき鮎」は、手のひらに乗るほどの魚型が可愛らしい、干菓子感覚の焼き菓子。

他にあまり類をみない食感、ほどよい甘みと何にでも合う、くせのない風味。中はぷっくりと空洞、カリッと固いのに小さく割って口に入れると、するする口どける不思議。粉感はあまりなくお砂糖でできているよう。

夏魚、鮎がモチーフとはいえ、年中食べていたい美味。つめたく冷やすも、泳ぐように盛りつけるも一興。味噌風味の極薄煎餅「利久松風」の風雅な味わいも出色。
いずれも日持ちするのが嬉しい。ぜひ組み合わせてとりよせてみて。


玉井屋本舗の「やき鮎(5枚入×5袋税込1050円〜、袋入りあり)」
住所:岐阜市湊町42
電話/FAX:0120-601-276/058-262-6893


東京では三越でのみ取り扱いがあるそう。岐阜駅に小さな直営店が出ており、デパートなどより手軽で買いやすいのでおすすめ。家庭用には袋入りもおトク。
利休松風は、同じ板状でも素朴な風味の熊本のものとは違い、非常に茶人好みの一品。高級感もあり、大変おすすめ。やき鮎は万人向けだけれど、ぜひこのふたつは初めてならセットで取り寄せたい。


最新記事はhttp://toriyose.bishokudou.com/